がん 離職「3割」

日本人の死因第一位は、がんです。

がんは2人にひとりがかかる時代と言われています。

医療の発達により、初期のがんは治り「不治の病」では

なくなってきました。

しかし、がんと診断された後に約3割の方たちが「離職」されていると

いう事実(静岡県立静岡がんセンターの研究班による2013年の調査)

があります。

・・・ガンサバイバーとも言われる

「がんと共にいきる人」「がんの治療を受けながら働いている人」たちも

たくさんおられます。

仕事と治療の両立が難しいのはとてもよくわかります。

通院や治療は半日がかりですし、

手術や抗がん剤などお金の心配もでてきます。

「普通に仕事してその収入で生活するのとは、訳が違います。」

そして、お金も心配ですが

仕事は生きがいであり、何より生きていることを

感じることができるとおっしゃいます。

新たにがんと診断される人は年間約85万人を数えます。

それも、働く世代(20歳~64歳)だとしたら。。。

「がん」=「仕事を辞める」「辞めなければならない」

そういった印象もまだまだ強いのかもしれません。

医療の進歩で、5年10年前の情報とはかなり違っているのも

事実です。

今は、医療現場のがん患者さんへの就労のアプローチの仕方も

変わっていています。

がん 離職をふせぐために!

がんのステージや、種類にもよりますが

ドクターからの説明次第で天にも地にも落ちますよね。

「まずは、すぐに仕事は辞めなくていいですよ。」

その一言がどれだけがん患者さんを勇気づけることか・・・

がん=不治の病というイメージもまだまだ根強いですが

がんの種類やステージによっては完治も見込めますし、

長期にわたって付き合っていくことができる病気になったからです。

病院で治療の

期間を定めた治療計画表を書いていただいて

職場も含めて理解を深めてもらいます。

会社としても

大切な人材ががん離職する方向にならないためにも

大切なことだと思うのです。

人は、財産ですから!!

「社員の健康にかける費用は、費用でなく投資です。

安心して働く社員のほうが絶対に生産性も高いと思います。」

そんな考え方が広がり、

安心して働ける会社が増えることを

願っています。

シュミレーションしてみましょう。

家計を支える家族や自分ががんになった時に、

治療しながら仕事を続けられるようなサポートが

会社から受けられると思いますか?

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

読んでくださっているひとりひとりに感謝いたします。

ハート女性


ネットワークビジネス在宅インターネット集客成功法を学ぼう!

今まで誰も言わなかった ネットワークビジネスの落とし穴や

正しい情報を 本音で包み隠さずお伝えしています。。。。。

インターネットMLM

ネットワークビジネスを 在宅インターネットで集客できる

21世紀型スタイルの成功の秘訣をじっくり学んでください

無料とは思えないほど、コアな情報がたくさんです!(^-^)/

メルマガ登録

メルマガ登録

  • ここで入力いただいた個人情報は、メルマガ送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報をメルマガ送付の目的以外で利用することはありません。





☆関連記事☆











a:275 t:1 y:0