ネットワークビジネスは介護しながら自宅で!

介護保険が始まって10年になりました。
この制度は、自宅での家族介護者の負担を減らすことを大きな目的として
始まりました。

しかし、なかなか自宅での家族介護者の負担は減ってらず、
自宅介護の長期化、高齢化、重度化など新たな問題も出てきました。

介護する男性の増加もその一つの特徴的な現れです。
「主たる介護者」の4人に1人は男性という報告もあります。

今までは、自宅での介護は女性の仕事と思われていた時代でした。
でも、今は違います。
男女が共に介護を担う社会という視点にかわってきています。

男性は、なかなか家事や自宅介護に関わることがなかったことから
最初は戸惑ったり、悩んだりすることがあります。
自宅介護中も、男性特有の不安や心配もでてきます。

実際に、

今までは妻がやっていたので妻が認知症になった今、
家事の仕方がよくわからない。
仕事との両立が難しくなってきた。
認知症の親への対応について、途方に暮れている・・・

そういった声が聞かれます。

そうした男性介護者を支援する

男性介護者と支援者の全国ネットワーク(略称:男性介護ネット)は2009年3月に発足しています。

男性介護ネットは
男性介護者と支援者の全国的なネットワークづくりを進めています。

大切なのは、やはり男性でも女性でも、ともに介護に参加する姿勢と
介護する側も、される側も安心できる介護が受けられる社会で
あることと思っています。

ネットワークビジネスは自宅で介護しながら!

男性が主たる介護者である数は増えてきています。
男性介護ネットにもあるように、
「介護退職ゼロ作戦」や「男性介護を考えるフォーラム」など

様々な活動をしているようですね。
男性介護に限らず、仕事を退職するのは最後の砦(とりで)と
言われています。

「ひとりじゃない!!生きる勇気が沸いてきた!
男性介護者100万人へのメッセージ」という記念誌もでているようで、
私もぜひ読んでみたいと思っています。

MLMで年金安心

自宅型ネットワークビジネスは
そうした介護や育児ののあいまにできた時間を使って
展開する在宅ワークです。

即収入というわけにはいきませんが
権利収入なので少しづつ、組織を拡大しながら
在宅ワークとして取り組むことができるのが
最大の特徴です。

介護は決して他人事ではありません。
あなたは、何か準備を始めていますか?

要介護、要支援と認定され、
介護保険を利用している人はおよそ600万人です。

75歳以上の場合には3人に1人が利用しています。
つまり、夫婦ふたりの両親4人がみんな75歳以上であれば、
だれか一人は介護の可能性があるという状況です。

生命保険文化センターの統計によると
平均介護期間はおよそ5年ですが、4~10年が一番多いようです。
10年以上介護を続けている人は1割以上います。

介護がはじまったときに
親族間のトラブルや仕事を辞める、などといったことにならないように、
事前準備がとても大切です。

四角にレ点赤介護の基礎知識

四角にレ点赤介護資金の準備

四角にレ点赤介護の予防

四角にレ点赤介護に備えた体制づくり(いざ介護のときの協力人員、住宅、資金など)

をすすめていきましょう。

自宅型ネットワークビジネスだったら
介護が始まる前から、取り組むこともできます。

いざ介護というときに
慌ててしまわないように今からできることは
やっておきましょう。

介護は、経済的な余裕や心の余裕がある程度は必要です。
安心老後のためにあなたはなにか
準備していますか。


ネットワークビジネス在宅インターネット集客成功法を学ぼう!

今まで誰も言わなかった ネットワークビジネスの落とし穴や

正しい情報を 本音で包み隠さずお伝えしています。。。。。

インターネットMLM

ネットワークビジネスを 在宅インターネットで集客できる

21世紀型スタイルの成功の秘訣をじっくり学んでください

無料とは思えないほど、コアな情報がたくさんです!(^-^)/

メルマガ登録

メルマガ登録

  • ここで入力いただいた個人情報は、メルマガ送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報をメルマガ送付の目的以外で利用することはありません。





☆関連記事☆











a:237 t:1 y:0