ネットワークビジネスで介護の資金を準備?

介護の資金は、万一の介護ライフを考え、
必要な資金額、必要な時期に使えるように準備しなくては
いけないのはなんとなくわかってきました。

しかし、実際介護はどれだけ続くかわかりませんね。
介護の資金は、不動産であったり、投資信託、民間の介護保険など
バランスよく、目的に応じて準備する必要がありそうです。

例えば、旅行が好きだから老後は旅行に行きたい!
そう考えられる方も多いでしょう(^^♪

その場合は、貯金で備えますが
使いすぎては介護の資金が残りません。
合わせて民間の介護保険に加入しておくのもよいでしょう。

自動引き落としになりますので、
解約しない限り、毎月の介護の資金の蓄えになっていくわけです。

では、介護の資金を準備するための方法として、
メリットデメリットを比較してみたいと思います。

赤まる矢印預貯金

メリット:すぐにおろすことができます。介護以外の目的にも使えます。
デメリット:利息はほとんどつきません。

赤まる矢印投資信託

メリット:運用次第で高い利回りが期待できます。
デメリット:元本割れのリスクがあります。
いざ介護が必要な時に、運用状況により不足する可能性があります。

赤まる矢印持ち家などの不動産

メリット:売却できればまとまった介護の資金が確保できます。
条件にもよりますが「リバースモゲージ」の活用が可能です。
賃貸とすれば、家賃収入が可能です。

デメリット:介護の資金がすぐ必要となっても売却できない可能性もあります。
不動産市場により、自分が思っている価格より低くなることがあります。
手数料や税金など諸経費がかかってきます。
いったん売却してしまったら、戻る家がなくなっていまいます。

「リバースモゲージ」とは:自宅を担保とした年金制度の一種です。

赤まる矢印民間の介護保険

メリット:支払い保険額以上の給付を受けることができます。
介護状態になると保険料が免除になる場合もあります。
支払い保険額が、所得控除の対象になって税金が軽減される場合があります。

デメリット:健康状態により、加入できない場合があります。
加入後、該当しない場合は掛け捨てになることがあります。

老後や介護の資金は「なんとかなる!」ではなく、
困ったことに「ならないように」、
老後の計画的な資金の準備の考え方を整理します。

ネットワークビジネスによる介護の資金は?

では、ネットワークビジネスによる介護のための準備資金は
どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

メリット:てこの原理が働けば、
年金のように安定的で継続的な権利収入が発生します。
健康や職業に関係なく誰でも始めることができます。
リスクはほとんどなく始めることができます。

デメリット:時間がかかります。
最初のころは、収入がゼロ円です。
長期的に取り組む必要があります。

ネットワークビジネスは、副業として
毎日の空いた時間を1~2時間かけて在宅ワークに取り組みます。

育児や介護をしながら取り組んでいる方も多いです。
まずは、ネットワークビジネスの仕組みについて理解することが
大切です(^^♪

介護の資金を準備する方法はいくつかあります。
その中から、自分で選択することが大切です。
その中のひとつに在宅型ネットワークビジネスもあります。

そんなふうに理解していただけたら嬉しいです\(^_^)/

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
読んでくださっているひとりひとりに感謝いたします。


ネットワークビジネス在宅インターネット集客成功法を学ぼう!

今まで誰も言わなかった ネットワークビジネスの落とし穴や

正しい情報を 本音で包み隠さずお伝えしています。。。。。

インターネットMLM

ネットワークビジネスを 在宅インターネットで集客できる

21世紀型スタイルの成功の秘訣をじっくり学んでください

無料とは思えないほど、コアな情報がたくさんです!(^-^)/

メルマガ登録

メルマガ登録

  • ここで入力いただいた個人情報は、メルマガ送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報をメルマガ送付の目的以外で利用することはありません。





☆関連記事☆











a:239 t:1 y:0