介護しながらネットワークビジネス 介護認定を受けるポイント!

介護認定を受けるにはいくつかのポイントがあります。
要介護認定の結果次第で受けられる介護サービスが変わってきます。

①認定調査の目的と手段を正しく知りましょう。

介護の手間に係る審査判定

1. 要介護認定は、介護サービスの必要度(どれ位、介護のサービスを行う必要があるか)を判断するものです。従って、その方の病気の重さと要介護度の高さとが必ずしも一致しない場合があります。

[例]認知症の進行に伴って、問題行動がおこることがあります。

例えば、アルツハイマー型の認知症の方で、身体の状況が比較的良好であった場合、徘徊をはじめとする問題行動のために介護に要する手間が非常に多くかかることがあります。

しかし、身体的な問題が発生して寝たきりである方に認知症の症状が加わった場合、病状としては進行していますが、徘徊等の問題行動は発生しないため、介護の総量としては大きく増えないことが考えられます。

2. 介護サービスの必要度(どれ位、介護サービスを行う必要があるか)の判定は、客観的で公平な判定を行うため、コンピュータによる一次判定と、それを原案として保健医療福祉の学識経験者が行う二次判定の二段階で行います。

②認定調査の内容を知りましょう。

難しいと思われるかもしれませんが
厚生労働省のサイトには、細かく調査項目の資料が公開されています。

簡単に言うと、朝起きてから寝るまでの1つ1つの動作がどれくらいできるか
という点について
細かく調査していくのです。

なにを調査しているのかわかるだけで緊張せずに整理して
日ごろの様子を伝えられることができるかとと思います。

③本人と家族の状態をきちんと整理しておく。

ご本人だけでなく、家族の状態も整理しておきましょう。
ご家族にとっても、どこに介護サービスが入れば一番いいのかが
わかってきます。

現状を知るためにもいい機会です。
できる範囲で、どういう状態か書き留めておくのもいいでしょう。

④調査本番では落ち着いて対応しましょう。

とにかくいい格好をしたり、必要以上に悪く見せようとする
必要はありません。
相手は、プロですからありのままの状態を伝えて、
困っていることを正直に話しましょう。

認定調査は原則1年ごとに見直されます。
1度下された判定基準も、状況に応じてもちろん見直されますから
どうかご心配されませんように。

介護認定は、それぞれの家庭にあった介護サービスを受けることが
できるための認定でなければなりません。

介護保険制度自体の改正もされておりますので
正しい情報を手にいれるためには目が離せませんね。

新聞やニュースなど介護の問題を目にしない日はありません。
支援制度はあるのですが、
手続きが面倒だったり、どこに相談したらいいか
わからなかったり・・・

必要なところに必要な支援が届くよう
やはりいつもアンテナをたてておく必要がありますね。
2年ごとの法律の改正も目立ちます。

一流企業にお勤めされていても、
年収が1200万円あっても介護離職に追い込まれる
現実があるのです。

在宅でできる仕事はあります。
ご自身が元気なうちから、準備をすすめて経済的自立を
していきましょう。

それは、介護をする立場になる前から始めることです。
親御さんの傍らで
談笑しながらできるお仕事があります。

親御さんを大切にしながら権利収入を得る方法が
あります。

ご興味のある方は、メルマガや資料請求をして
選択肢があることを知ってくださいね。
最後まで読んでいただいてありがとうございます。

豊かな将来への一助になることができたら
嬉しく思っています。

ネットワークビジネス在宅インターネット集客成功法を学ぼう!

今まで誰も言わなかった ネットワークビジネスの落とし穴や

正しい情報を 本音で包み隠さずお伝えしています。。。。。

インターネットMLM

ネットワークビジネスを 在宅インターネットで集客できる

21世紀型スタイルの成功の秘訣をじっくり学んでください

無料とは思えないほど、コアな情報がたくさんです!(^-^)/

メルマガ登録

メルマガ登録

  • ここで入力いただいた個人情報は、メルマガ送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報をメルマガ送付の目的以外で利用することはありません。





☆関連記事☆











a:231 t:1 y:0