女性が介護しながらできるのがネットワークビジネス!

女性にとって、介護は実に切実な問題です。
あなたは介護の不安は、ありませんか?
介護は、がんばりすぎないことが大切です。

MLM副業赤まる矢印認知症がひどいため、尋ねても覚えていないんです。

赤まる矢印寝たきりなので褥瘡(じょくそう)が心配です。

*褥瘡(じょくそう):床ずれのこと。

赤まる矢印徘徊(はいかい)がひどくて、目が離せないんです。
*徘徊(はいかい):あてもなく歩き回ること。

赤まる矢印介護施設にお願いしたくても料金が高くて・・・

赤まる矢印在宅酸素やインスリン・・・受け入れてくれる施設があるかしら?

赤まる矢印透析が必要だけど、通院は介護施設が行ってくれるの?

赤まる矢印退院を迫られているけど、自宅では介護ができない。自宅で介護する自信がありません。

現場では、こんなご家族の不安な声をよく聞きます。

現場では、元気な方からリハビリしたい方、
ターミナルや看取りまで必要な方が安心して暮らせるように
いろいろな施設ができてきています。

みなさん、まだお若く健康なので
介護の話なんてまだ先だわ・・・とお考えになることと
思います。

先日、チラシが入ってきてびっくりしました。
入居金350万円。

月に15万円から20万円かかって・・・

+介護保険利用者負担額

+その費用がかかってきます。

自分が施設に入ろうと思ったときに
はたして入れるのだろうか・・・
まわりの女性の友人に話しても、そんな話ばかりですね。

私は、親の介護はうちで
社会資源を目いっぱい使って
できるところまでは、やってみたいと考えています。

私は、田舎で育っているのですが母方の祖父は
自宅で亡くなりました。
昔はそれが当たり前でした。

厚生労働省の年次推移では

昭和26年では:病院9.1%で自宅が82.5%でした。
時代の推移とともに亡くなる場所は
逆転してきています。

昭和55年ころには病院が自宅割合より
半数を超えました。

徐々に病院が逆転
現在では
病院が8割で自宅が1割くらいに
なっています。

国の施策は「住み慣れた土地で、安心して地域で
暮らせるように高齢者を支えながら最後まで自宅で過ごす」
ことができるような介護の
方向に向かっています。

自分も親の介護が必要なときになったら
なんでもいいから
仕事をもって、できるところまでは

退職しない方向で考えたい!!

ですから介護離職は最後の砦(とりで)だと
考えています。

そうはいっても、いよいよ介護離職しなければならないときが
くるかもしれません。

女性の介護!ネットワークビジネスに限らず、なにか副業を!

そのときの準備としてなんらかの
準備は必要かなと考えています。

生命保険を個人年金に切り替えたり、
貯蓄をしっかりしたり、

一生安心して継続的な権利収入
あれば、財産として確保しておく必要があるでしょう。

家賃や、貸し不動産などあったらいいですか・・・
なにかしらの準備があれば安心です。

ネットワークビジネスに限らず、家でも
介護しながらできるような仕事があったら
なおさら安心感が増すでしょう・・・

女性にとっても、男性にとっても
介護は切実な社会問題です。

恐れる必要はありませんが、少しづつでも
できることは用意しておきたいと
思っています(^^

女性パソコン

インターネットを使って展開するネットワークビジネスが

在宅ワークとして
できることを知っている人は
まだまだ少ないかもしれません。

ネットワークビジネス=権利収入というのは
なんとなく知っているけれど・・・

よくわかりません。
私もそうでした。

一口に、ネットワークビジネスや在宅ワークと言っても
いろいろな選択肢があると思いますので
まずは知ってください。

そこからあなたの長所を最大限に生かすビジネスに
たどりついてくれたとしたら
何よりです(^^♪

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
読んでくださっているひとりひとりに感謝いたします。


ネットワークビジネス在宅インターネット集客成功法を学ぼう!

今まで誰も言わなかった ネットワークビジネスの落とし穴や

正しい情報を 本音で包み隠さずお伝えしています。。。。。

インターネットMLM

ネットワークビジネスを 在宅インターネットで集客できる

21世紀型スタイルの成功の秘訣をじっくり学んでください

無料とは思えないほど、コアな情報がたくさんです!(^-^)/

siryou-gazou1 (1)

  • ここで入力いただいた個人情報は、メルマガ送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報をメルマガ送付の目的以外で利用することはありません。





☆関連記事☆











a:230 t:1 y:0