どんな選択をしても、それが最善


ネットワークビジネスは成功を自宅でつかむ!!

インターネットで展開するネットワークビジネスは
口コミはありません。

自宅ワーク型ネットワークビジネスになるので
うちからでる必要がないんですね。

私は、以前重複障碍の子供たちが入院している
病院に勤務していた時がありました。

生れながらの障碍を持っている子供さんもいれば
途中事故などで障碍を抱えられたお子さんも
いらっしゃいます。

ご両親とのお話もさせていただきましたが
障碍があろうがなかろうが親御さんのお子さんへの愛の深さは
計り知れないものがありますね。

中には、卒業して障碍就労枠の制度を使い
お勤めする卒業生もいてとても誇りに思ったことを
覚えています(^^♪

しかし、まだまだ障碍支援制度は立ち遅れていて
親御さんたちの心配は、常に未来に向かっています。
働けるかどうか、卒業してからどうするのか・・・

自宅でこもりきりにならないように
社会や地域に参加していく流れができてきています。
ようやく
介護から少し遅れた形で、法の改正も始まっていますね。

中でも、車いすで生活している彼、彼女らは
仕事も、スポーツも楽しんでいる印象を受けます。
車の運転だって、上手です。

もちろん、年齢相応のおしゃれやメイクを楽しみ大好きな
アイドルのコンサートにだって行っています!!

本当に、素敵な時代がきたな・・・と同時に
もっともっと障碍者支援がすすんで、社会での居場所や生きがい作りが
すすんでいくといいなと
思っています。

ネットワークビジネスは、自宅で成功への道を歩める!

障碍者の就労以降システムの中で
パソコンの技術の取得もあるようですね。

自宅ワーク型ネットワークビジネスは、
パソコンが1台あって、インタネットができる環境だったら
すぐにビジネスにとりかかることが
できます。

実際に障碍をもっていても自宅でばりばりやっておられる
先駆者の方もいらっしゃいます。
社会とつながることができ、
いろいろな世代の人と交流ができます。

そういった生きがいや、やりがいというものは
本当に大切だと思っています。

身体障害者にとってパソコンの普及率は
高くなっています。

上手に利用すれば、
生活の質があがり可能性がでてきますからね\(^_^)/

例えば、
視覚障害者がパソコンを使う時には、
音声ブラウザやスクリーンリーダー
(コンピューターの画面読み上げソフト)を使います。

重度弱視者には拡大読書器というものを
使ったりします。

*拡大読書器とは:弱視者が文字や画像を拡大して見るための拡大器のことです。

聴覚障害者は電話での問い合わせは
できません。
しかし、メールやFAXを使えば問題をクリアできます。

下肢に障害があったり、
身体の機能障害の場合、パソコンの操作は上体で
できるため得意な方はたくさんいらっしゃいます。

こちらが教えてもらうほどの腕前です!!

インターネットの普及で、自宅で仕事をしたり
ネットビジネスで成功したいという夢も持てるように
なりました。

でも、それは障碍の有無にかかわらず
とても可能性をもっていますよね。
昔と比べたら、便利な時代となり社会と交流できる
窓口となります\(◎o◎)/!

さかんに、ピアフレンズなどの集まりも聞きますが、
インターネット上でも、同じ障害を持った者同士、理解しあったり
苦しみを共有することもできるわけですから!

*ピアフレンズとは:生活の悩みや疑問などを仲間と相談、
意見交換する場のことです。

いろいろな形があって、
いろいろな人生やお仕事の選択肢が増えるということですね!

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
読んでくださったひとりひとりに感謝いたします。


ネットワークビジネス在宅インターネット集客成功法を学ぼう!

今まで誰も言わなかった ネットワークビジネスの落とし穴や

正しい情報を 本音で包み隠さずお伝えしています。。。。。

インターネットMLM

ネットワークビジネスを 在宅インターネットで集客できる

21世紀型スタイルの成功の秘訣をじっくり学んでください

無料とは思えないほど、コアな情報がたくさんです!(^-^)/

siryou-gazou1 (1)

  • ここで入力いただいた個人情報は、メルマガ送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報をメルマガ送付の目的以外で利用することはありません。





☆関連記事☆











a:212 t:1 y:0