Tag: ネットワークビジネスとねずみ講

ネットワークビジネスとねずみ講

ネットワークビジネスとねずみ講は、構造こそ似ていますがまったく違うものです。
それくらい誤解されやすい仕組みと言えます。
では、ネットワークビジネスとねずみ講はなにが違うのでしょうか。

ネットワークビジネスとは、法律に定義された合法です。

ネットワークビジネスはMLMと呼ばれ、日本では連鎖取引法、マルチ商法と言われています。

普通の商法は・・・

お店と消費者のみであり、消費者から消費者に多段階的に繋がることはない。

ネットワークビジネスでは・・・

いち消費者が新しい人に情報を伝え、その人が消費者になることでネットワークのように流通網が広がっていく。

紹介された人から売り上げがあると、紹介した人に報酬が支払われる。

特定商取引に関する法律

ねずみ講は、違法です。

ねずみ講は、無限連鎖講という名前で定義されています。
一番の違いは、収入範囲が有限か無限かということになります。
先に始めた人が必ず儲かる仕組みになっています。

ネットワークビジネスでは・・・

収入の範囲が決まっているため、後から始めた人が収入が多くなる可能性があるのです。

もうひとつの大きな違いは、商品が存在するかということです。
商品、サービスの売り上げからネットワークビジネス会社が成り立ちます。
売り上げの数パーセントをネットワークビジネス参加者に報酬として支払います。

それに対して、ねずみ講は商品が存在しません。
手口が巧妙でサービスがあるように見せかけるので被害が拡大していきます。
円天などは、記憶に新しいニュースです。

笑顔でメールマガジン



関連ページ










a:337 t:1 y:0