フリー戦略

有料で提供できるくらいのものを無料で提供し、
成長の速度を上げるものです。

基本的なフリー戦略モデルを4つあげてみます。

①直接的内部相互補助

直接的内部相互補助というのは、商品やサービスを無料もしくはものすごく安価で

提供することで、他の商品やサービスの購入を促します。

よくジムやデパートなんかでもある

無料体験や一部商品・サービスの無料化などがこのモデルになります。

②三社間市場は、サービスを利用するユーザーが直接費用を負担するのではなく、

第三者が代わって費用を負担するモデルです。

広告や集客代行などもこのモデルに当てはまり

テレビやグーグルの広告もこのモデルです。

③フリーミアムは、基本無料のサービスを多数のユーザーに提供し、

高機能または追加された特別な有償サービスによって
収益を得るビジネスモデルです。

Webサービスでは、95%が無料ユーザーであっても5%の有料ユーザーがいればビジネスは成立するということで、

「5%ルール」を基本というのがあるらしいです。

④非貨幣市場とは、用語の通り、
貨幣を介在しないで製品やサービスの提供をやりとりすることです。

いわゆるボランティア活動というと一番わかりやすいです。

製品やサービスを提供する人にとって、注目され、尊敬されるという満足感を得ることが目的となります。

ウィキペディアとかYahoo!知恵袋はこのモデルです。

ネットワークビジネス在宅インターネット集客成功法を学ぼう!

今まで誰も言わなかった ネットワークビジネスの落とし穴や

正しい情報を 本音で包み隠さずお伝えしています。。。。。

インターネットMLM

ネットワークビジネスを 在宅インターネットで集客できる

21世紀型スタイルの成功の秘訣をじっくり学んでください

無料とは思えないほど、コアな情報がたくさんです!(^-^)/

メルマガ登録

メルマガ登録

  • ここで入力いただいた個人情報は、メルマガ送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報をメルマガ送付の目的以外で利用することはありません。





☆関連記事☆











a:226 t:1 y:0