下肢静脈瘤

足の血管がボコボコ浮き出ている、
血管が目立つようになってきた、
皮膚が黒ずんできた、
よく足がつる、むくむ・・・

見過ごされそうなこれらのサインは、下肢静脈瘤の症状です。

下肢静脈瘤とは、
足の静脈の弁が壊れてしまう血管の病気です。

40歳以上の約半数が下肢静脈瘤になると言われています。
血管には動脈と静脈があります。

動脈は酸素や栄養を血液によって運び、
静脈は体内で発生した二酸化炭素や老廃物を血液によって心臓に運びます。
足の静脈は重力に逆らって血液を上に向けて運ばなくてはならないため、
血液の逆流を防ぐための弁(逆流防止弁)がついています。

弁は血液が心臓に向かって流れる時のみ開くしくみになっていますが、
何らかの原因でこの弁が壊れてしまうと、
血液が逆流して、血管内に漂うようになります。

「治療」:

下肢静脈瘤の治療には
"保存的治療"、"硬化療法"、"手術"、"血管内治療"の4つがあります。

それぞれの治療にはメリットと注意点がありますので、
静脈瘤のタイプや患者さんの状態によって
適切な治療を選択する必要があります。

保存的治療:生活習慣の改善や弾性ストッキングなどで症状を改善したり、
進行を予防する治療です。

硬化療法:静脈瘤に薬を注射して固めてしまう治療です。

手術は静脈を切除するストリッピング手術が代表的な方法です。

血管内治療は低侵襲治療で、高周波(ラジオ波)
またはレーザーを使ったものがあり、
日帰りで治療することができます。

「予防」:

栄養面では体内で鉄分が不足することで
下肢静脈瘤になりやすくなることがわかっています。

実際、下肢静脈瘤と診断される多くの方が鉄分の欠乏症であると
報告されています。
これは鉄分が不足することで、体内の繊維組織や
コラーゲンの合成がうまくいかなくなり、それが代謝を低下させ冷え、
血流の低下につながるからだとされています。

従って軽度の下肢静脈瘤患者の方には、
鉄剤とビタミンCが処方され、タンパク質中心の食事をすることで
2〜3ヶ月で症状が改善することもあるようです。

最後まで読んでいただいて ありがとうございます。
こうして読んでいただけたことに感謝いたします。


私が展開するMLMビジネスの仕組みをご案内します

どんなネットワークビジネスを、どういった仕組みで展開しているのか?

「動画&メールセミナー(2週間限定)」で詳しくご案内しております。

ご興味のある方は、こちらの【 マンガ 】ネットワークビジネス入門の
最後にご案内している「動画セミナー」をご覧くださいね!(^^)v

マンガネットワークビジネス入門

YouTube動画の再生終了後にリダイレクトで別のページに自動的に移動させる仕組み(IFrameプレーヤーAPI(JavaScript))

※音量を調節してご視聴ください

インターネットだからと言って、誰もが集客できるわけではありません

正しく展開できる環境で、正しい手法で結果を出せること

ここを外してしまうと、どんなに頑張っても成功はできません

ネット上には、言葉巧みな落とし穴がたくさんあります。

あなたは 信頼できる環境で将来にわたる継続収入を得たいと思いませんか?


メルマガ登録

  • ここで入力いただいた個人情報は、メルマガ送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報をメルマガ送付の目的以外で利用することはありません。








a:307 t:1 y:1