健康食品における薬事法

ネットワークビジネス(NB)、
マルチレベルマーケティング(MLM)で扱われている
製品に関する事例が掲載されています。

ネットワークビジネスでは化粧品や健康食品を
扱っていることが多いです。

医薬品としての承認を取得せずに、
医薬品的な効果効能(疾病の治癒、改善、予防又は身体の機能に作用すること)を記載することは、薬事法第68条に違反します。

健康食品の表記に

例:ダイエット目的のお茶
「気になる部分からスッキリしていきます。
しばらくすると凸だったお腹がスッキリ!
二度と太らない体に改善。
脂肪がたまりにくい。燃えにくい体脂肪をいち早く分解し燃焼する。
糖分吸収を抑制する働き。ポッコリおなかがスッキリ!
糖分の吸収を抑えつつ脂肪などの要らないものを出してくれます。」

薬事法では、疾病の治癒、改善、予防又は身体の機能に作用することを
うたってはいけません。

例:ダイエット食品

「医学博士が学会で発表して注目されている。
カロリー摂取を抑えるだけでなく燃焼を加速させる。
食欲が抑えられて、空腹感をあまり感じなくなった。 」

薬事法では、あいまいな表現や誇大な表現を
使うことはNGです。

これまで効果や機能を表示できるのは、
国の審査で有用性が認められた
特定保健用食品(トクホ)や栄養機能食品だけでした。

これを改めて、2015年度から含有成分の有用性が確かな
健康食品やサプリメントにも機能性表示を認める方向となり、
6月に閣議決定された「規制改革実施計画」に盛り込まれています。

健康食品における薬事法の改正ですが
今後の動向が気になるところです。

まとめ

健康食品やサプリメントについて

医薬品としての承認を取得せずに、

医薬品的な効果効能(疾病の治癒、改善、予防又は身体の機能に作用すること)

を記載することは、薬事法第68条に違反します。

ネットワークビジネス在宅インターネット集客成功法を学ぼう!

今まで誰も言わなかった ネットワークビジネスの落とし穴や

正しい情報を 本音で包み隠さずお伝えしています。。。。。

インターネットMLM

ネットワークビジネスを 在宅インターネットで集客できる

21世紀型スタイルの成功の秘訣をじっくり学んでください

無料とは思えないほど、コアな情報がたくさんです!(^-^)/

siryou-gazou1 (1)

  • ここで入力いただいた個人情報は、メルマガ送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報をメルマガ送付の目的以外で利用することはありません。






☆関連記事☆











a:256 t:1 y:0