排泄トラブル予知ウェアラブル「DFree(ディーフリー)」

いくつになってもお手洗いだけは
自分の足でいきたい!!
うちの祖母はいつも言っていました。

在宅介護のお世話はもちろん、
介護の現場で仕事をしていると排泄が間に合わず、
「なんでもっと早く教えてくれなかったの?」
とご家族や職員が言っている場面に遭遇します。

介護されている方もつらいのですが、
介護する側も
「もっと早く気づいてあげることができれば!!」
と悔やんでいるのです!

特に、排泄に関するトラブルで困っている方は
たくさんいらっしゃいます。
プライバシーの問題もありますし、なんとなく人にも相談しにくいという
ご家族の声をよく聞きます。

「DFree(ディーフリー)は、
超音波で体内の様子をモニタリングし、
尿や便のタイミングを排泄前に察知して、スマートフォンにお知らせします。」

これは、世界初の画期的なニュースなんです。
みんなが待ち望んでいたニュースであり、
介護の未来は明るいと感じさせてくれる嬉しいニュースですね~\(^_^)/

「尿漏れやお通じでお悩みの方や、
介護等で排泄ケアをされている方々の負担を軽減することを目的にしています。」

DFree(ディーフリー)の機能

1.内蔵された超音波センサーで排尿、排便のタイミングを予測。
2.スマホアプリと連携。
「あと●●分で出ます」とお知らせします。
3.アプリが排泄の時間を記録して学習。
より適切なタイミングでトイレの時間をお知らせします。

DFreeによってトイレの準備に十分な時間ができるために、
自分でトイレに行こうと思うようになる方々も現れると思います。

やはり、最期まで自分でトイレだけは行きたい
思われる方が大多数なんですね。

自分でトイレに行くことによって
自信や尊厳を取り戻してほしいです。

こういった素晴らしい機能が
開発されても
やはり介護者の勘や経験がもちろん
必要です。

しかし、こうした排泄ケアを助ける、
次の排泄の目安がわかると
いったデバイスは介護を助けてくれます。

なにより、ご自身の尊厳を保つことにつながる
なによりの明るい知らせです!
お手洗いに間に合ったという自信は想像以上に
嬉しいことなんですね。

ほかにも、排泄トラブルに関する
似たようなデバイスとしては
「漏れたあと」を教えてくれるおむつセンサーや、
残尿量を測定する医療機器である尿量測定器はあります。

お年寄りの中には
トイレにいついきたくなるかわからないから
映画館にあまり行きたくない・・・
バス旅行に参加したくない・・・

とおっしゃる方がいます。
せっかく旅行に行きたいという気持ちはあるのにいけないということは
うちに閉じこもりがいになってしまうきっかけになります。

車いすのおばあさん

そんな方たちの活動範囲が広がり、
楽しい人生を送るお手伝いができたとしたら
素晴らしいですね~(^^

ほかにも、育児中のトイレトレーイング、
便意や尿意を感じられない脊椎や頚椎を損傷された方々や、
大腸がん手術後の方々の「漏れ」を減らすのを
サポートすることもできると想定しています!!

トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社より
「我々は、世界中の人々が健康で尊厳ある日々を送れる社会を創造します。
人々の排泄によるトラブルをなくし「尿漏、便漏ゼロ社会」の実現を目指します。 」

DFree(ディーフリー)すでに、
世界20カ国以上から問い合わせがきている状況です。

その理由としてはやはり
「今までなんとなく分かっていたことが数値で分かる」ということだと思います。

ですので、食欲や老化や病気、寿命なども、
「いつくるか分からないからなんとなく不安」を
少しでも解消するため、
「すべてを予測する」ような事業を展開していきたいと考えています。

これによって、預貯金や保険や年金など、
多くの方々の生き方が「より自分らしく」設計できるようになる時代が
くるのかもしれません!

ネットワークビジネス在宅インターネット集客成功法を学ぼう!

今まで誰も言わなかった ネットワークビジネスの落とし穴や

正しい情報を 本音で包み隠さずお伝えしています。。。。。

インターネットMLM

ネットワークビジネスを 在宅インターネットで集客できる

21世紀型スタイルの成功の秘訣をじっくり学んでください

無料とは思えないほど、コアな情報がたくさんです!(^-^)/

メルマガ登録

メルマガ登録

  • ここで入力いただいた個人情報は、メルマガ送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報をメルマガ送付の目的以外で利用することはありません。





☆関連記事☆











関連ページ










a:251 t:2 y:1