損益ライン

損益分岐点(そんえきぶんきてん、英: break-even point, BEP)は、
管理会計上の概念の一つ。

売上高と費用の額がちょうど等しくなる売上高または販売数量を指す。

前者を損益分岐点売上高といい、後者を損益分岐点販売数量という。
単に損益分岐点と言った場合、管理会計では前者を指し、
経営工学では後者を指すことが多い。

売上高が損益分岐点以下に留まれば損失が生じ、
それ以上になれば利益が生じる。
このことから採算点とも呼ばれる。

ウィキペディアより

どのくらい頑張れば、
その額があなたの毎月の支払額と同等になるのかということです。

毎月1万円製品を買っているとしたら
何人紹介したら、相殺されるのか・・・ということに
なります。

ネットワークビジネスは、損益ラインを超えた向こう側の
収入を目指しているのですが
この損益ラインが高すぎるのは問題です。


ネットワークビジネス在宅インターネット集客成功法を学ぼう!

今まで誰も言わなかった ネットワークビジネスの落とし穴や

正しい情報を 本音で包み隠さずお伝えしています。。。。。

インターネットMLM

ネットワークビジネスを 在宅インターネットで集客できる

21世紀型スタイルの成功の秘訣をじっくり学んでください

無料とは思えないほど、コアな情報がたくさんです!(^-^)/

メルマガ登録

メルマガ登録

  • ここで入力いただいた個人情報は、メルマガ送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報をメルマガ送付の目的以外で利用することはありません。





☆関連記事☆











a:228 t:1 y:0