特商法とは

特定商取引に関する法律(とくていしょうとりひきにかんするほうりつ、
昭和51年6月4日法律第57号)は、

訪問販売等、業者と消費者の間における紛争が生じやすい取引について、

勧誘行為の規制等、
紛争を回避するための規制及びクーリング・オフ制度等の紛争解決手続を
設けることによって、取引の公正性と消費者被害の防止を図る、
日本の法律である。

略称は「特定商取引法」「特商法」。

法律の内容について

本法においては、次の6形態が「特定商取引」として定義され、規制の対象とされている。
1、訪問販売
2、通信販売
3、電話勧誘販売(以上、第2章(2条から32条))
4、連鎖販売取引(いわゆる「マルチ商法」、「ネットワークビジネス」及び「MLM(マルチ・レベル・マーケティング)」。第3章(33条から40条))
5、特定継続的役務提供(語学教室やエステティックサロンなど。第4章(41条から50条))
6、業務提供誘引販売取引(いわゆる「内職商法」など。第5章(51条から58条))

ウィキペディアより

ネットワークビジネスにおいては

いわゆる「マルチ商法」、「ネットワークビジネス」及び「MLM(マルチ・レベル・マーケティング)

第3章(33条から40条)


連鎖販売取引(いわゆる「マルチ商法」、「ネットワークビジネス」及び「MLM(マルチ・レベル・マーケティング)」。第3章(33条から40条))

として定義されています。

ネットワークビジネスの法律である特定商取引法について、
誇大広告の禁止、未承諾の電子メール送付の禁止、書面の交付など、
守るべき事項はあります。


ネットワークビジネス在宅インターネット集客成功法を学ぼう!

今まで誰も言わなかった ネットワークビジネスの落とし穴や

正しい情報を 本音で包み隠さずお伝えしています。。。。。

インターネットMLM

ネットワークビジネスを 在宅インターネットで集客できる

21世紀型スタイルの成功の秘訣をじっくり学んでください

無料とは思えないほど、コアな情報がたくさんです!(^-^)/

siryou-gazou1 (1)

  • ここで入力いただいた個人情報は、メルマガ送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報をメルマガ送付の目的以外で利用することはありません。






☆関連記事☆











a:239 t:1 y:0