稲盛和夫の歩み

稲盛和夫 Inamori Kazuo

稲盛和夫。1932年、鹿児島市に生まれる。1955年鹿児島大学工学部を卒業後、京都の碍子メーカーである松風工業に就職。1959年4月、知人より出資を得て、資本金300万円で京都セラミック株式会社(現京セラ)を設立し、社長、 会長を経て、1997年から名誉会長を務める。また1984年、電気通信事業の自由化に即応して、第二電電企画株式会社を設立し、会長に就任。
2000年10月、DDI(第二電電)、KDD、IDOの合併によりKDDI株式会社を設立し、名誉会長に就任。2001年6月より最高顧問となる。2010年2月より、日本航空(JAL、現日本航空株式会社)会長に就任。代表取締役会長を経て、2013年4月より名誉会長、2015年4月名誉顧問となる。
一方、1984年には私財を投じ稲盛財団を設立し、理事長に就任。同時に国際賞「京都賞」を創設し、毎年11月に人類社会の進歩発展に功績のあった方々を顕彰している。他にもボランティアで、全81塾(海外27塾)、9,200人余の若い経営者が集まる経営塾「盛和塾」の塾長として、経営者の育成に心血を注ぐ。(2015年3月末現在)

盛和塾の誕生

稲盛和夫は盛和塾誕生の経緯について次のように話しています。

京都の若き経営者の方々から、同じ経営に携わり悩んできた人間としていかに経営をなすべきかを聞きたいとの要望がありました。
何度も頼まれるうちに自分も社会のお世話になって今日があることに気付くとともに、多少なりともそのお返しとしてボランティアで私の経験と経営理念を伝えていくことは、若き経営者の方々の参考にもなり、ひいては日本の経済、世界の経済にとっても良きことではないかと思うようになりました。
こうして、私の経営理念、人生観を勉強する自発的な若き経営者の集い「盛和塾」が誕生したのです。

アメーバ経営とは

稲盛和夫が京セラを経営するなかで、京セラの経営理念を実現するために創り出した独自の経営管理手法です。

アメーバ経営では、組織をアメーバと呼ぶ小集団に分けます。各アメーバのリーダーは、それぞれが中心となって自らのアメーバの計画を立て、メンバー全員が知恵を絞り、努力することで、アメーバの目標を達成していきます。そうすることで、現場の社員ひとりひとりが主役となり、自主的に経営に参加する「全員参加経営」を実現しています。

アメーバ経営は、京セラをはじめ、稲盛が創業したKDDIや再建に携わった日本航空など約600社に導入されています。

稲盛和夫の著書

著書

2015年8月末に世界での著書の累計発行部数が1000万部を突破した。うち日本では約490万部を発行。
日本国外では中国での発行が9割以上を占める(京セラ調べ)。
『成功への情熱 PASSION』PHP研究所、1996年2月、ISBN 978-4569550152 - 世界で80万部を発行(2015年8月末現在、京セラ調べ) 2001年1月、ISBN 978-4569575063(文庫本)
2007年11月、ISBN 978-4569696393(新装版)

『人生と経営』致知出版社、1998年9月、ISBN 978-4884745509
稲盛和夫の実学 経営と会計』日本経済新聞社、2000年、ISBN 978-4532190064 - 世界で74万部を発行(2015年8月末現在、京セラ調べ)。
など多数。

稲盛和夫公式HPより。


私が展開するMLMビジネスの仕組みをご案内します

どんなネットワークビジネスを、どういった仕組みで展開しているのか?

「動画&メールセミナー(2週間)」で詳しくご案内しております。

もしもご興味のある方は、こちらの【 マンガ 】ネットワークビジネス入門の
最後にご案内している「動画セミナー」をご覧くださいね!(^^)v

マンガネットワークビジネス入門

※音量を調節してご視聴ください

インターネットだからと言って、誰もが集客できるわけではありません

正しく展開できる環境で、正しい手法で結果を出せること

ここを外してしまうと、どんなに頑張っても成功はできません

ネット上には、言葉巧みな落とし穴がたくさんあります。

あなたは 信頼できる環境で将来にわたる継続収入を得たいと思いませんか?


メルマガ登録

  • ここで入力いただいた個人情報は、メルマガ送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報をメルマガ送付の目的以外で利用することはありません。








a:376 t:1 y:0