脊髄小脳変性症

脊髄小脳変性症(せきずいしょうのうへんせいしょう)とは
運動失調を主症状とする神経変性疾患です。
総称です。

非遺伝性と遺伝性があり、

晩発性(ばんはつせい)皮質性(ひしつせい)小脳(しょうのう)萎縮症(いしゅくしょう)
多系統(たけいとう)萎縮症としてオリーブ橋(きょう)小脳萎縮症

が代表的です。

「症状」

厳密には、個々の疾患によって症状が異なります。
小脳性の運動失調、脊髄性の運動失調があります。
*運動失調とは:運動が円滑に行えないことです。

歩行の障害
手足がうまく動かせない
姿勢の保持が難しい
ろれつが回らない
眼振(がんしん)➡(眼球が揺れる)
測定障害(物の位置を確認できない)

などがあります。

病状の進行が緩やかです。
運動が円滑に行えないことによる不自由、障害があります。

障害にあわせた生活スタイルや介護の体制をとります。
障害が高度に進むと、
嚥下障害や呼吸器障害、排尿障害などが生じてきます。

生活動作訓練を継続します。➡生活の質の向上につながります。


ネットワークビジネス在宅インターネット集客成功法を学ぼう!

今まで誰も言わなかった ネットワークビジネスの落とし穴や

正しい情報を 本音で包み隠さずお伝えしています。。。。。

インターネットMLM

ネットワークビジネスを 在宅インターネットで集客できる

21世紀型スタイルの成功の秘訣をじっくり学んでください

無料とは思えないほど、コアな情報がたくさんです!(^-^)/

メルマガ登録

メルマガ登録

  • ここで入力いただいた個人情報は、メルマガ送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報をメルマガ送付の目的以外で利用することはありません。





☆関連記事☆











a:242 t:1 y:0