薬事法とは

薬事における基本的な法律

医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器の品質、有効性及び安全性の確保のために必要な規制を
おこなうとともに、指定薬物の規制に関する措置を講ずるほか、医療上特にその必要性が高い医薬品
及び医療機器の研究開発の促進のために必要な措置を講ずることにより、保健衛生の向上を図ることを
目的として制定された法律です。

薬事法における定義(薬事法第2条抜粋)

薬事法で「医薬品」とは、次に掲げる物をいいます。

一、日本薬局方に収められている物

二、人又は動物の疾病の診断、
治療又は予防に使用されることが目的とされている
物であって、機械器具、歯科材料、医療用品及び衛生用品(以下「機械器具等」
という。)でないもの医薬部外品を除く。)

三、人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であつて、機械器具等でないもの(医薬部外品及び化粧品を除く。)

医薬品とは、
文字通り、病院で医師が処方してくれるクスリや、
薬局・薬店で市販されている風邪薬や頭痛薬などのことです。

配合されている有効成分の効果が認められており、病気の治療や予防に使われるクスリを指します。

テレビCMなどでよく「用法・用量を守ってお使いください」と言っているように、体に作用する有効成分が入っているので、
使う場合には使用方法を守るのが鉄則となります。

薬事法とは
やくじほう

昭和 35年法律 145号。

薬事法とは、医薬品,医薬部外品,化粧品および医療用具などについて規制し,
その適正化をはかることを目的とする,
薬事についての基本法です。

日本最初の薬事法とは
1874年施行の「不良薬品の禁令」のあと,「毒薬劇薬取締規則」制定と並んで発布された 77年の太政官布告「売薬規則」です。

ブリタニカ国際大百科事典より

ダイエット食品や健康食品も薬事法の範囲ですか?

薬事法には、いわゆるダイエット食品や健康食品の規定はありません。

いや、正確に言えば、これらの食品について規制する単独の法律はないのです。
とはいえ、ダイエット食品などが一般に多く出回っているため、
現在は「ふつうの食品よりも健康によいと称して売られている食品」を健康食品とみなし、
主に食品衛生法、栄養改善法、薬事法により規制されています。

薬事法の場合、

薬事法に該当するものではない」=体への効果は現状では認められない、
という視点で規制されることになります。

ネットワークビジネス在宅インターネット集客成功法を学ぼう!

今まで誰も言わなかった ネットワークビジネスの落とし穴や

正しい情報を 本音で包み隠さずお伝えしています。。。。。

インターネットMLM

ネットワークビジネスを 在宅インターネットで集客できる

21世紀型スタイルの成功の秘訣をじっくり学んでください

無料とは思えないほど、コアな情報がたくさんです!(^-^)/

メルマガ登録

メルマガ登録

  • ここで入力いただいた個人情報は、メルマガ送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報をメルマガ送付の目的以外で利用することはありません。





☆関連記事☆











a:264 t:1 y:0