認知症の介護相談

親御さんの物忘れが急速にひどくなっている・・・

散歩にでかけたまま帰ってこれない・・・

認知症の介護で悩んだり、困ったりしたら

いったいどこに相談したらいいのでしょうか。

認知症に限らず、介護で困ったときの

相談窓口、それが

地域包括支援センターです!

地域包括支援センターは、地域の介護や福祉の拠点となる場所です。

各自治体に設置されているんです。

ご自分が住んでいる自治体に、必ず

ありますので調べておきましょう。

社会福祉士や保健師、ケアマネジャーなどの介護のプロフェッショナル=

専門職員が在籍し、介護生活の相談を受け付けてくれます。

広報に載っていたり、役所に聞けばすぐに

教えてくれますのでご安心くださいね。

若年性認知症の相談窓口もあります。

若年性認知症とは、

65歳未満で発症する認知症を若年性認知症といいます。

高齢でなくとも、物忘れが目立ったり、

仕事や身の回りのことがうまくできなくなったりする特徴が

あります。

少しでも、おかしいなと感じたら

まずは相談しましょう。

若年性認知症専門の医療機関につなげてくれたり、

今後の仕事や生活のことなど

いろいろと不安なことを相談できます。

もちろん、既に若年性認知症を抱えている人や、

その家族からの相談もできます。

中でも特に、多い相談である若年性認知症を抱えながら

働くためのアドバイスなどもしてくれます。

厚生労働省の認知症対策等総合支援事業

若年性認知症の専用のコールセンター

電話番号:0800-100-2707(フリーダイヤル)


こうした厚生労働省の認知症対策等総合支援事業の一環で

専用のコールセンターが設置されています。

相談受付は月曜日から土曜日(年末年始・祝日除く)です。

時間は、10時から15時までになります。

認知症の相談は早めにしましょう。

認知症の病気の特徴として、

感情をうまくコントロールすることができなくなり、

自分の感情をうまく伝えられないことがあります。

家族もついイライラして声を荒げてしまいがちです。

認知症の介護中、困ったことや悩みが出てきたら、

けっしてひとりで抱え込まないことが大切です。

相談する場所があるということを

いつも覚えていてください!

ひとりで抱え込まず、介護のプロフェッショナルの力を

巻き込んでいきましょう!

読んでくださってありがとうございます。


私が展開するMLMビジネスの仕組みをご案内します

マンガネットワークビジネス入門

※音量を調節してご視聴ください

ネットワークビジネスを学ぶには多少の時間がかかります。

しかし、これを「最大の参入障壁」と捉える事が出来る人は

ネットワークビジネスで成功する人です。

短期で稼げるビジネスには落とし穴があります。

あなたは将来にわたる権利収入を得たいとは思いませんか?

動画版人生を変える扉






関連ページ










a:264 t:1 y:0