避難生活で健康を保つためには!

恐ろしい災害・・・
このたびの震災におきまして、被災されたみなさま、
そのご家族のみなさまに心より
お見舞い申し上げます。

1日でも早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

少ないお水でも、必ずお口の中のケアをしましょう。

避難生活で、水の確保が難しいと、
歯や義歯(入れ歯)など、口腔内の清潔が保てなくなる傾向があります。

特に高齢者は、避難生活が長期化することで体力が低下します。
寝ているときに不潔な唾液(だえき)が誤って気管に入ると、
誤嚥(ごえん)性肺炎などにかかります。

しかし、口腔内の清潔が保たれていると
肺炎を起こしにくくなります。

水の確保が難しく、うがいができない場合
歯ブラシがあれば、ブラッシングだけでも効果があります。少量の水をつけて、少量の水でうがいをします。
強い力で磨きすぎないようにしましょう。

歯ブラシがなければ、タオルやティッシュペーパーなどを使います。歯の表面をぬぐって歯垢(しこう)を取り除きます。

入れ歯も使い捨てのおしぼりなどでふいておくといいです。

ありがたいことに避難所には、お菓子が避難物資として
届くことがあります。
お菓子は、カロリーを簡単に補充できるという利点があるのですが
デメリットとして虫歯になりやすい傾向があります。

避難所生活で健康を保つためにも
必ず、口の中のケアも行いましょう。

エコノミークラス症候群を予防します!!

災害時の肺塞栓(そくせん)症(エコノミークラス症候群)は
同一姿勢で、長時間過ごすことによりリスクが高まります。

*エコノミークラス症候群:飛行機などで、狭い空間に長時間同じ姿勢でいると血の流れが悪くなり、発症する。

避難生活が長期化してくることにより、
72時間を超えると発症リスクが高まる。」と言われています。

肺塞栓症は、
避難所や自家用車の中で、長時間いすに座った姿勢でいると、
ふくらはぎの静脈などにできた血の塊(血栓)が肺の血管で詰まって生じます。
血液が全身に回らず、突然死の原因になります。

肺塞栓症を予防するために

こまめに水分を補給します。➡脱水予防にもなります。

意識的に少し歩いたり、体操したりしましょう。➡雨の中を歩く場合は、くれぐれも転倒しないようにしましょう。

座ったまま体操①:つま先を上げ下げします。➡足の甲やふくろはぎを伸ばします。

座ったまま体操②:足首をゆっくりまわします。

座ったまま体操③:ふくろはぎを足首から膝へ向けてもみます。

座ったまま体操④:砂をつかむように足の指をにぎります。

高齢者の場合、家族や周りの人が、
ふくらはぎを下からに上にマッサージするのも
いいですね。

どうか、避難所での健康を保つためにお役に立ちましたら
嬉しいかぎりです!!


ネットワークビジネス在宅インターネット集客成功法を学ぼう!

今まで誰も言わなかった ネットワークビジネスの落とし穴や

正しい情報を 本音で包み隠さずお伝えしています。。。。。

インターネットMLM

ネットワークビジネスを 在宅インターネットで集客できる

21世紀型スタイルの成功の秘訣をじっくり学んでください

無料とは思えないほど、コアな情報がたくさんです!(^-^)/

メルマガ登録

メルマガ登録

  • ここで入力いただいた個人情報は、メルマガ送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報をメルマガ送付の目的以外で利用することはありません。





☆関連記事☆











a:198 t:1 y:0