高血圧

血管に強い圧力がかかり続けている状態です。
収縮期血圧(「上」と通称される)が140以上、
あるいは拡張期血圧(「下」と通称される)が90以上で保たれている状態です。

症状:

自覚症状はありませんが
めまい、動機、冷や汗などを感じて血圧を測定すると高血圧
あることがあります。

治療方法:

薬剤の継続的な内服が必要です。
肥満を予防しましょう。

塩分に気をつけましょう。➡「日本人の食事摂取基準」によると1日当たり目標
男性9グラム未満、女性7,5グラム未満となっています。

適度な運動をしましょう。➡心疾患や脳卒中の既往がある場合、運動は医師の許可を得ることが必要です。

ストレスは早めに解消しましょう。

寒い環境を避けます。➡寒暖差を少なくしましょう。「冬の入浴はヒートショックに注意ましょう」あらかじめ、脱衣所を暖めておきます。

自分でも血圧を測る習慣をつけましょう。

認知症予防のために

高血圧などの
生活習慣病は脳血管障害を起こしやすくし、
脳血管性認知症の発症に関係しているのではないかと
言われています。

1985年から数回に渡り福岡の久山町で行われている調査では、
高血圧症の人が正常血圧の人よりも脳血管性認知症になるリスクが
3.4倍もある事がわかっています。

血圧が高いという状態は、
血管が大きく引き伸ばされる状態が続く事です。
血管が傷み、動脈硬化などを起こしやすく、脳卒中などの原因になります。

脳血管性認知症は、
アルツハイマー型認知症に次いで、患者が多いとされている認知症です。

脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などの、
脳の血管の病気によって、脳の血管が詰まったり出血したりして
認知症が起こることを、脳血管性認知症といいます。


ネットワークビジネス在宅インターネット集客成功法を学ぼう!

今まで誰も言わなかった ネットワークビジネスの落とし穴や

正しい情報を 本音で包み隠さずお伝えしています。。。。。

インターネットMLM

ネットワークビジネスを 在宅インターネットで集客できる

21世紀型スタイルの成功の秘訣をじっくり学んでください

無料とは思えないほど、コアな情報がたくさんです!(^-^)/

メルマガ登録

メルマガ登録

  • ここで入力いただいた個人情報は、メルマガ送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報をメルマガ送付の目的以外で利用することはありません。





☆関連記事☆











a:250 t:1 y:0