高齢ドライバー500万人!免許返納はいつ?

75歳以上の高齢ドライバーが増えています。
自動車免許の保有者は2015年末で477万人・・・
今年中に500万人を超える勢いなんです。

そうは言っても、お年寄りにとって
車のない生活はなかなか不便です。
特に、私が住んでいるような地方の高齢者は車がないと
どこにも行けません・・・

山間部になると、買い物難民も増えて
病院に行くことも一苦労なんです。
多くの高齢者の楽しみや生活を支えているのが車です。

警察庁によると、

運転免許

認知症と診断されると
車の運転はできません。

しかし、運転は生きがいである人も多いですね。
うちの75歳の父も例外ではありません・・・
「心配するな!まだまだ、だいじょうぶ!」

しかし、車のスピードは確かに落ちましたし、
先日ぶつけていました。
本人も初めてぶつけたとはいえ、かなり落ち込んでいました( ノД`)シクシク…

いつ、免許を返納したらいいのか、
家族はどう切り出したらいいのか、
自分から免許返納を言い出してくれるには
どうしたらいいのでしょうか。

高齢者にとって、免許返納は本当に大きな
喪失体験になる人も多いですね。

特に、タクシーやトラックの運転手さんだった利用者さんは
車の運転に自信があるんです。
それをご家族から、

「危なっかしくて見ていられない!!」
そんふうに言われたら、傷つきますよね・・・

ご家族が免許返納を提案するにあたって

実際に、私も参考にしたいというお話をこの間患者さんの
ご家族から聞きました。

一つ目は
返納したときのメリットです。

免許証の自主返納制度に応じた方に与えられる特典ですが、
一体どんなものがあるのでしょうか?

例えば:

•引越し料金の割引(10%程度)
•補聴器等の割引(一部地域)
•美術館の入園料を割引(10%~20%)
•市営バスの乗車運賃半額(一部地域)
•福祉タクシー券の配布(一部地域)
•タクシーの乗車運賃1割引(一部地域)
•写真付き住民基本台帳カードの交付手数料無料(一部地域)
•温泉施設の割引(一部地域)
•銀行預金利息の割増(一部地域)

*各市町村や地域によって受けられるサービスの内容が異なります。
関する詳細を知りたい方は、
お住まいの地域を管轄する市役所や警察署に
問い合わせてみると良いでしょう。

こんな特典があるのをご存知でしたか?

もうひとつ、うちの父にも聞いてもらえそうな
お話も聞きました。

別のご家族なのですが経済観念がしっかりしている
お父様に・・・

まずは一緒に住む奥さんが説得するも怒ってしまいヽ(`Д´)ノプンプン
長女が話しても、聞く耳をもたず、
近くに嫁にいった次女が話しても、まったく考えは変わらず

いよいよ困った家族は、
たまたま実家に帰省してきた長男に相談・・・

すると長男は、
「俺が話してみるよ!」と言ってくれました。
何気なくお話した内容は、
自動車にかかるランニングコストの話でした。

自動車には、さまざまなコストがかかります。

駐車場代

駐車場代は地域によって大きく異なります。
安ければ1カ月当たり数千円で済みますが、
高いところでは7~8万円することもあります。

ガソリン代

40リットル入れると5,000円を超えます。
電気自動車なら、ガソリンの代わりに電気代がかかります。

洗車代

車をきれいに保つには、定期的な洗車が欠かせません。
自分で手洗いするなら水道代などで済みますが、ガソリンスタンドや洗車場で行う場合は、1回あたり500円~2,000円程度はかかります。

メンテナンス代

意外と忘れがちですが、車検などの決められた点検だけでなく、日々のメンテナンスにもお金がかかります。エンジンオイルの交換やタイヤ交換など、種類にもよりますが、1回あたり数千円~5万円程度でしょう。

自動車税

自動車税は、総排気量が1,000cc以下なら2万9,500円、1,000cc超から1,500cc以下なら3万4,500円、1,500cc超から2,000ccなら3万9,500円と、総排気量に応じて高くなります。

車検代

自家用車の車検は、初回は3年後、以降は2年ごとに行います。車検の支払いには、自動車重量税も含まれます。一般的な費用の目安は、自賠責保険の保険料をあわせて、10万円程度からです。

自動車保険(任意保険)

任意に入る保険の費用もかかります。
車種や用途、走行距離、運転者の年齢、補償内容などにもよりますが、年間で数万円かかります。

車は高額な買い物ですが、購入後もいろいろな費用がかかることを頭に入れておきたいですね(+_+)

これらの費用が年間にしてどれくらいかかっているのか
一緒に計算したそうです。
すると結構な額がかかっているのがわかりました。

「これだけの金額があったら、ほかに旅行に行ったり、
大好きな音響機器だって買えるじゃないか!!
決めるのはおやじだけど、車がなくても楽しめることは
ほかにもたくさんあるよ。」

と言って帰ったそうです。
お父様も、久しぶりに息子さんとゆっくりお話ができて
嬉しかったのもあるのでしょうね。

次の日に自分から奥様に免許返納を
申し出たそうですよ♪

そして、
高齢ドライバーのいるご家族がいつまでも元気でいるには、
若いうちにから

「静」と「動」の趣味を持て!!と言われています。
「動」の趣味は、マラソンやゴルフなどアクティブなスポーツなど

「静」の趣味は読書や音楽鑑賞などですね(^^♪
天気に左右されることなく、在宅で静かにできる趣味のことです。

在宅で楽しめる趣味を、若い時から
ひとつくらい持っていると随分、過ごし方が
変わってくると思います\(^_^)/

若いときは「動」の趣味をいっぱい楽しんで
年を重ねてもできる「静」の趣味も
いっぱいリストアップしておきましょう。

忙しいばかりがいいわけではありませんものね。
在宅で落ち着いて取り組める楽しみもいいものです。

パソコンや、読書、映画鑑賞・・・
囲碁、将棋、ゲーム・・・
水彩画、お習字、油絵・・・

お金をかけなくてもできる趣味はたくさんあります。
あとは、やはり仲間作りでしょうか。

コミュニケーションは脳への刺激になります。
世代を問わず、性別を問わず、
住んでいる国を問わず・・・

そうした仲間とのおしゃべりがスカイプなどで
展開できたら
生涯楽しく過ごせそうですね。

ご家族が高齢ドライバーの免許返納を考える
ラインとして

①自動車を頻繁にこすってしまう。ぶつける。
②車庫入れが以前のようにできない。
③慣れている道なのに間違える。
④極端に低速で走る

など思い当たるふしがあったら注意が必要です。

  • 赤信号の無視
  • 歩行者や右折時の対向車を見落とす
  • 同乗者と会話しながらの運転ができなくなった
  • 運転中にささいなことで激しく怒る

といった事柄も要注意ですね。
認知症の診察や、運転適性相談を受けるように
いたしましょう。

ご家族が言ってもなかなかうまく伝わりません

第3者の目で、冷静な判断の上ご本人が納得して
免許返納できることが必要ですね。

今までの自分の人生を彩りを添えてくれ
生活を支えてくれた大切な免許なのですから!!

山間部を含め、バスや電車など
もう少しインフラが整ってくれればいいのですが
過疎化が進む市町村は、廃止の方向にすすんでいます。

実際に私の住んでいる町でも買い物難民や
山間部の過疎化について
患者さんから切実な声を聞きます!!

無料バスや、福祉タクシーなど気軽に(➡費用の面は特に大切です)
高齢者が移動できる
交通手段ができるといいですね。

安心して免許返納ができるように!

地域の交通事情がもっと充実してくれたら
育児や介護も、もっと楽になると思っています。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。


ネットワークビジネス在宅インターネット集客成功法を学ぼう!

今まで誰も言わなかった ネットワークビジネスの落とし穴や

正しい情報を 本音で包み隠さずお伝えしています。。。。。

インターネットMLM

ネットワークビジネスを 在宅インターネットで集客できる

21世紀型スタイルの成功の秘訣をじっくり学んでください

無料とは思えないほど、コアな情報がたくさんです!(^-^)/

メルマガ登録

メルマガ登録

  • ここで入力いただいた個人情報は、メルマガ送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報をメルマガ送付の目的以外で利用することはありません。





☆関連記事☆











a:267 t:1 y:0